外付けハードディスクのおすすめはハードディスクS

サイトマップ

ハードディスクSのヘッダー画像

ハードディスクSへようこそ!

外付け ハードディスク 交換 挨拶

ハードディスクといっても、いろんなタイプがあってお困りでありませんか?

そこで、当サイトのページがお役に立ちます。

管理者の体験をもとにお勧めする情報を提供するのが特徴です。

主に取り上げるカテゴリは、価格,メーカー,容量,機種の分類編と、交換・案内(総合案内)編に掲載しています。

読者にやさしいハードディスクのサイト運営を目指します。

では、ゆっくりご覧くださいませ。

ハードディスクの価格について

ハードディスク 価格

取り上げている商品の価格帯は、基本的に5,000円刻みの掲載となっています。

更に99,999円以下の価格帯については1,000円刻み、100,000円以上の価格帯につきましては10,000円刻みで掲載しており、細かい単位で検索したい方には容易に探し出せます。

また外付けタイプのみならず、内蔵タイプのモノも検索が可能です。

予算別で検索したい場合にご活用ください。

ハードディスクのメーカーについて

ハードディスク メーカー

メーカー(ブランド)についてですが、主としてバッファロー,アイ・オー・データ,ラシーを取り上げています。

上記以外のメーカーは、日立,MARSHAL,PLANEX,シリコンパワー,東芝製の製品を紹介しています。

メーカーで検索したい場合にご活用ください。

ハードディスクの容量について

ハードディスク 容量

取り上げている商品の容量は、基本的に500GB刻みの掲載となっています。

ただ、容量の範囲によっては偏りがあるため、499GB以下の場合は100GB刻み、2GB以上の場合は1GBまたは2GB刻みの掲載となっています。

購入したい容量でお探しの場合であれば、このカテゴリからの検索が便利です。

ハードディスクの機種について

ハードディスク 機種

ここで取り上げる機種の件でありますが、単体に限ったことではありません。

なかにはPS3向け,テレビのなかにある内蔵・接続可能タイプなどが挙げられます。

このほかには、デスク・ノートPC,ハードディスククラッシャー,HDDケース,ポータブルタイプのHDDがございます。

機種別でお探しであれば、このカテゴリからの検索が便利です。

ハードディスクの交換について

ハードディスク 交換

管理者は自分自身でHDDの交換はしたことはありませんが 、依頼をした経験があります。

修理業者への依頼を含む、交換に関する項目について述べます。

また、自分自身でHDDを交換する前の注意事項についても詳しく述べています。

交換に関する記事をお探しであれば、このカテゴリからの検索が便利です。

ご案内について

ハードディスク 案内

ハードディスクに関する全般への記事をお探しであれば、このカテゴリからの検索が便利です。

また、外付けタイプと内蔵タイプでは対処方法が変わるため、事前に一読すると便利です。

スポンサーリンク

ハードディスクS 管理者のブログ

2016年の年頭挨拶

更新履歴

読者の皆さんへ

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

2015年の一年間は静養とリハビリで明け暮れ、再起をかけた一年でありました。

また、今まで行った業務(ブログ記事の点検)の見直しがあったのと、記事の更新作業を停止した年でした。

しかし、2016年が明けてホッとしたところです。

自宅で年越ししたこと、喜びを感じる今日この頃です。

今までの災難を振り払うため、全力で上げます。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2016年1月12日

更新遅延のお詫び

追記事項

ハードディスクドライブ交換・追記事項(カテゴリ)画像

読者の皆様、お久しぶりです。

5月1日現在、本日も外来でのリハビリを終え、自宅に戻っていたところです。

外来リハビリの内容は、自宅での課題(穴埋め,文章構成,日記)の添削,マンガのストーリー,文章問題などです。

不定期では有りますが、ウォーキングも再開しています。

歩みは遅いですが、前進あるのみです。

読者の皆さん、応援をよろしくお願い致します。

ハードディスク・記事 画像

管理者からのお詫び

追記事項

ハードディスクドライブ交換・追記事項(カテゴリ)画像

当ブログに閲覧している読者の皆様へ

2014年11月29日~2015年1月17日にかけ、入院しました。

約1ヶ月半、長きにわたる入院生活を送ってきました。

じつは、人生で初めて入院でした。

正直にいいますが、こんなもの状態でよく持ったといえます

おかげで体は良くなっているものの、言語はまだまだ。

前途は多難ですが、前向きに行こうと思います。

しかし、言語に関してはしっかり治したい考えています。

なお、業務とリハビリ日々で送っているため、ブログ記事は合間の配信となります。

しばらくお待ちくださいませ。

ハードディスク・記事 画像

【提携】Epson Direct SHOP サイトのご紹介

管理者のコラム

先月(6月)21日 東京国際フォーラムにて行われた、リンクシェア・フェア 2014 会場内 Epson Direct SHOP ブースを訪れたときのリポート。

資料1・エプソン製ノートPC
セイコーエプソン製ノートPC 画像















★エプソン製PCについて

上記の写真はノートPCの実例ですが、デスクトップPCもご用意しています。

基本的に、発売しているデスクPC,ノートPC共に受注生産で対応するのが特徴です。

従って、見た目は同じであっても、1台たりとも同じPCにならないのです。

もう一つの特徴は、主に業務用途での使用を想定しているため、家庭用での使用は向かないばかりか、仮にカスタマイズを行っても家庭用途の仕様にするには満たない場合があります。

どうしても家庭用途で使いたい場合、他社製のPCの選定をお勧めします。

ご紹介しているPCの対象者は、ビジネスユーザーに限ります。

資料2・スマートキャンバス
セイコーエプソン製スマートキャンバス 画像















次に、スマートキャンバスについてのリポートです。

見た目は、ただの腕時計だなんて思っているあ・な・た。

そこらの腕時計とは訳が違いますよ?。

最近のスマートキャンバスのバリエーションは増加していますが、基本的に女性向けのデザインとなっています。

何故なら、かつてはTVアニメで放送したことがある「ムーミン(MOOMIN)」,「WOW」,「TOVE100」(ムーミン関連),松本山雅FC(サポータ用)が有るものの、男性が付けても支障が無いのは松本山雅FCモデルぐらい。

時計の画面の特徴は、珍しく白黒の液晶で表示する点。

その点は、どこからか液晶製造の初期に作られた雰囲気を持っています。

ちなみに、お勧めする対象者は女性です。

詳しく知りたい方は下記のリンクへ
エプソンダイレクトショップ

【交換・丸ごとガイド】デル株式会社・サイトのご紹介

管理者のコラム

デル製ノートPC 画像















先月(6月)21日に行われたリンクシェア・フェア 2014 の会場内で、デル のブースに立ち寄ることが出来ました。

当初は数種類のPCを撮影する予定でありましたが、他に立ち寄るブースがあったため、ゆっくり製品を閲覧することは出来ませんでした。

ただ、他社との違いとして、通常のノートPCのなかでもタブレットやコードレスパソコン(モバイル)が有るためか、男女共の購入が目立ちます。(スタッフの方に伺ったところ、女性の購入が目立ったのは、コードレスパソコン(モバイル)とのことです。)

確かに、コードレスパソコンの持ち運びは便利ですね。

メリットとデメリットは下記の通り。

メリット:ノートPCであっても、タブレットやコードレスパソコンまでのバリエーションがある。

デメリット(留意点):家電量販店の店舗によっては展示していない可能性があるので、実機を拝見してから購入するのが望ましいです。(※サイト管理者の所見です。)

これからご購入をお考えの方は、参考になさってください。

詳しく知りたい方は下記のリンクへ
デル-個人のお客様ページ


スポンサーリンク